プロフィール

walters

Author:walters

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

FC2ブックマーク

検索フォーム

リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

重連タキ

名古屋方面の仕事が増えた。

そんな移動中に、目の前を力走するDD重連

帰宅後その時間帯を調べたら、79レであることが判明。

お昼12時30分頃に走行、なんというおいしいスジなんだ。


DSC03290_20160322212028d11.jpg

久々、鉄道撮影

機関車重連で更にタンク車いっぱーぃ。

DSC03335.jpg


飯田線を黒いタキが走行してた昭和を思い出す。

子供の頃、この黒いながーい車両列が、とても不気味だったのだが、今となっては無いものネダリである。


スポンサーサイト

まさにこれ 科学の祭典


イベント数日前に朝刊にも掲載されていましたが、

科学の祭典で興味のあるワークショップがあるから行きたいリクエストがあり引率で行ってきた。


会場の受付でのLEGO+基板がお出迎え。

まさにこんな感じの物を、自宅で工作してるんだけど、集中出来るまとまった時間がないこの頃。



冬なのに、会場は熱気が凄く、汗かいちゃいました。

20160124_114826.jpg

会場へは、カメラ持ってかなかったので、スマホで数枚撮影した程度。

一眼もコンデジも持ち歩かないような、日常になってしまったよ。


会場の企業ブースでは色々な実験コーナーがありました。

ソーラーパネル使った工作に、コイルを使ったモーター系のWSが多いわけですが、見たことも無いような簡単なつくりのモーターもあり、ちょっと発見でした。ソーラーパネルに手作りモーターももらえちゃうなんて、羨ましいわぁ。


片隅では、NHK学生ロボコンで御馴染みの、豊橋技術科学大学のブースがありました。

制御、駆動系が、猛烈に気になる存在。

介護ロボとの触れ合いに、ロボット操作体験も出来ちゃいました。


20160124_110736.jpg


ワイヤー


ホビー程度なので我慢はしてたが、ワイヤー配線加工にイラついてた。

ワイヤーストリッパがあれば便利そうだが、

ホームセンターやネットで探しても、数千円程度する。


カーマに行ったら、900円台でこれ見つけた。



適用範囲 0.2mm2~6.0mm2


ケーブルの太さ調整が難しいですが、セッティング合えば最強と思います。

配線を挟んで握れば絶縁部とワイヤーを分離が楽々ー




まさか、こんな便利なものがあるなんて。




週末電子加工続いてます。

ようやく、学校で習った「オームの法則」を利用する出番がやってきたのである。

V=I×R
I=V÷R
R=V÷I

秋季

久々に沿線に。

しかし、期待した秋色は無く。

今年は柿については豊作っぽいが、紅葉は抑え気味だ。

DSC00025.jpg



奥三河の花祭り

食卓で新聞を見てたら、目が止まった。


「 もっくる新城 」 にて

花まつりの「ざぜち」製作体験講座あり。



国指定重要無形民俗文化財に認定されている、「奥三河の花祭り」


花祭りに行くと、目が止まる 「ざぜち」

DSC00666_20151018112721917.jpg
@もっくる新城


河内地区と粟代に親戚がおり、河内の花祭りには訪問したことがあったのですが、

2015 年初、粟代の親戚にお誘いを受けて初めて下粟代地区の花祭りへ訪問しました。


DSC01163_20151018203555d5c.jpg
@下粟代:2015


舞手はもちろんですが、この切絵にいつも目を奪われます。


03_DSC00439.jpg
@湯谷温泉


ざぜちは、写真にも写ってるように花宿を囲むしめ縄に飾られている切絵のこと。

DSC00617_20151018112609bf4.jpg


この切り絵はどうやって作ってるんだろう?とずーっと、興味があったのです。

DSC00631_20151018112612fc0.jpg


ざぜち製作体験会場@もっくる新城

DSC00629.jpg





DSC00604.jpg

先生に用紙をセットしてもらい、いざ半紙を切り取っていくのですが、

2015101701.jpg

切り取る型があり、それに刃を当てて切り取っていくのだと思ったら、このような紙の下に半紙を数枚置いて、上から黒い部分を切り取っていくという手法で製作するんだそうです。注意点は、細かい部分から切り取るんだと指導をされました。
大まかな部分は最後まで残しておく。切っているとその理由がわかってきました。
しかし、ついつい大きい柄に手を出してしまいそうになる誘惑が発生しましたが負けませんでした(苦笑)


花まつりのBGMが流れる中、まつり会場の雰囲気を思い出しながら、切り取り作業を黙々と行います。

DSC00738.jpg

左側が、裏地の切り取られた半紙で、右側が表側の型の用紙になります。

2人で別々の作品を作ったので、「鶏」・「日光月光」の2種類を揃える事ができました。

一枚作るのに、1時間費やしたわけですが、この作品のデザインは簡単な方?

もっと細かく複雑なざぜちもあり、まつり一夜限りになってしまう飾り物を沢山製作するのは大変な作業と思います。




ざぜち体験を終えて、もっくる新城インフォメーションセンターで、花祭りの作品があるということで見に行った。


DSC00696_201510181201080d7.jpg


DSC00651.jpg



DSC00679.jpg

花宿の飾りに、ざぜちの飾りつけ。

この色使いにも決まりがあるそうです。



この場所で教えてもらったのは、駒・鶏・蕪・灯籠・鳥居・社・日光月光。

ざぜちの飾り付けの順番が決まっているということを、今回この場で初めて知った事のひとつ。


DSC00613_20151018121001afb.jpg

来月11月3日、東栄フェスティバルを封切りに、奥三河花祭りシーズン開幕です。

02_DSC00403.jpg
@湯谷温泉

この度は、奥三河観光協議会ご関係者の方々、先生、大変お世話になりありがとうございました。

花まつり また見に行きます。



| ホーム |


 ホーム  » 次のページ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。