プロフィール

walters

Author:walters

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

FC2ブックマーク

検索フォーム

リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

静岡科学館へ行ってきた



今回は 「 静岡科学館る・く・る 」 に行った時の話です。



公式HP → 静岡科学館る・く・る
http://www.rukuru.jp/index.php





DSC06535.jpg 


サイエンスフェスティバルを開催してました。

主な講師は高校生。

どれを、体験しよう、ウロウロウロ。。


一つ目に選択したのはコレ。 砂の標本作りコーナー。


DSC06570_20120812181521.jpg 


妙にこの 黄鉄鋼(バイライト) の岩石が気になってしょうがない。

静岡科学館で 東栄町という文字を見る機会があるとはね。

 「愛知県東栄町振草」 身近でもこういった鉄鉱石があるのか、こういったところに行かないと知らないこと多いです。


DSC06572_20120812181521.jpg 

一粒ずつを、接着剤で枠の中に標本を貼り付けていきます。



各標本一個デス!



標本には「人工ダイヤ」もあり、14枠全部ダイヤで埋め尽くすというのは無しよ(笑)


DSC06583.jpg 

全標本は8種類。このようにキーホルダーにして世界に一つしかない標本Myキーホルダーの完成です。

キーホルダーの裏に自分の貼り付けた順番に岩石(砂)の名前を記入してあるのだ。


DSC06537_20120812181522.jpg 


紙で制作する風車コーナーもありましたが、その横にあったビールボトルで作成する風車のアイデアに感動。


切り跡の後処理に注意が必要ですが、良いアイデアget


DSC06638_20120812181656.jpg 


科学館の目の前には静岡駅、新幹線や東海道が往来。

久々に列車撮影に行っちゃう?という気持ちにはならず。

チャンスには至りませんでした。





科学館に行く途中の建物に、んっ!と思う広告が掲示されてた。


無料・・・。  無料という言葉に弱いのだ。





子供が科学館で色々体験している間、妻を科学館へ残して、私だけちょっと抜け出して見学に行ってきた。


静岡ホビースクエア

DSC06621.jpg 


静岡県にあるメーカー各社のホビーあれこれが展示されてます。

DSC06597.jpg 

ガンプラは小学生の頃、作ったきりだな。

今時のガンプラは関節技で、好きなポーズでキープできるようである。

そして、塗装もする必要が無いとか。。





DSC06602.jpg 

ミニ四駆も、未知の世界である。


最近ブーム再びな傾向にあるようですが。



DSC06603.jpg 

ラジコンもはまることなく大人になっちゃいました。


DSC06604.jpg 



スイーツデコ。 子供は喜びそうな展示だわね。


DSC06606.jpg 


やっぱりこの辺りが、私の好きなコーナだよ。



ハセガワが made in shizuoka とは今回、初知りでした。



DSC06589.jpg 



これ以外にも、痛車ならぬ、痛ラプター、F15他諸々ありましたが、写真掲載は自粛。


会場へどうぞ。



DSC06601.jpg 



会場の片隅には、Bトレインショーティーやミニ四駆走行場所、ショップで購入した物を組付けられる場所などが用意されてました。

DSC06630_20120812181657.jpg



DSC06614.jpg



DSC06633.jpg 

公式HP → 静岡ホビースクエア
http://hobbysquare.jp/





私的には、塗装ブースとかがあったら、換気とか設備を気にせずにできるので、

そういったルームがあったらうれしいなと思ったりします。


簡単に静岡駅まで行けないんだけどね。





あれ?静岡科学館る・く・る のレポのつもりが、

静岡ホビースクエアがネタメインになっちゃっいました。
;;



スポンサーサイト

静岡科学館 る・く・る に行ってきた

JR静岡駅前にある科学館へ行ってきました。
平成16年3月21日に開館した科学館で、展示内容も新目で、子供も満足していました。
展示内容詳細は、下記ホームページ参照してください。(※1)
物理関連、バーチャルリアリティ、工作体験が主にできます。
並ばなければ中々出来ないなどは無く順調に体験できました。

DSC09573.jpg

「魔法の板」カプラコーナー (※2)
DSC09663.jpg
DSC09686.jpg

富士山静岡空港開港記念「空ののりもの展」 2009年6月14日まで
富士山静岡空港開港を記念して、フライトシュミレータや飛行機モデルが展示されていました。
DSC09585.jpg

もっとも真剣になっていたのは、
ワークショップコーナーでの紙飛行機作成。
DSC09634.jpg

A4用紙に書かれた飛行機の型紙に好きな色を塗り、切り取り~糊付けして完成というもの。
一人で手助けをすることなく、ハサミも使いこなして完成までさせていました。
DSC09621.jpg
DSC09659.jpg
DSC09649.jpg

沼津工業高校が作成した空港模型。
一度、静岡空港へ行ったことがありますが、精密に出来ていると感心しました。
DSC09645.jpg


帰路にて、東名高速を走行中に富士山静岡空港から上がる旅客機が見えました。
運転しているのでじっくり見れない。時間・方向的に福岡空港行きかな?
Runway 11 でした。

続きを読む »

| ホーム |


 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。