プロフィール

walters

Author:walters

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

FC2ブックマーク

検索フォーム

リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

飯田線 第6水窪川橋 (その2)

第6水窪川橋 (通称:渡らずの鉄橋) 2列車目からです。

DSC03175.jpg

下り 天竜峡行き が通過すると 水窪駅で 上り 豊橋行きの 伊那路号 と交換ですが、待てども中々来ません

早く来ないと、先程通過した終着中部天竜駅のM+E4編成が、中部天竜から豊橋へ発車してしまう。

DSC03194.jpg

来た来た、上りの 伊那路号。。この後、下りの 伊那路号 が来ますが、ここで撤収。

DSC03198.jpg

中部天竜発の列車には間に合わないと思ったので、ゆっくりと山道を帰路につきました。

祝日ですが、業者トラックが多く、どちらにせよ山道は混雑してました。




柿平駅で国道151号から踏み切りをチラ見したら、遮断機下りてたので、急遽槙原トンネルへ。

到着した時はトンネル前の踏切遮断機下りてたので、線路を渡る事が出来ず、川側から撮影。

DSC03209.jpg
ピントが合ってませんでしたorz。




その後、鳥居駅へ行くも、列車が駅へ進入していたので、清井田の踏切へ

既に、三脚据えた先客が見えたので、手持ちにて遠慮気味に

DSC03217.jpg
十分注意していても、引き付ける欲に負けて“勾配標”が隠れてしまう

DSC03218.jpg




一旦帰宅してから、妻の車に乗り換えて、スタッドレスタイヤ脱着をお願いしに

コーヒーご馳走様でした。

と、こんな休日ラスト限定の休暇を送りました。

スポンサーサイト

テーマ : 鉄道写真 - ジャンル : 写真

tag : 飯田線 119系 E4

<< 上流を離れて、下流へと | ホーム | 飯田線 第6水窪川橋 (通称:渡らずの鉄橋) >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。