プロフィール

walters

Author:walters

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

FC2ブックマーク

検索フォーム

リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010 しんしろ消防防災フェスタ 愛知県防災航空隊 編

10:30頃に 愛知県防災航空隊
防災ヘリコプター「わかしゃち」が飛来しました。

作手地区から徐々に近付いてきました。

_DSC5420.jpg
機影が見えると、あっ!あそこ!とみんな指を指しました。



現像して気付く。典型的な日の丸構図でした。
山も一緒に撮影しておけばよかった。無念~忘れないようにしないと。








_DSC5471.jpg

防災センター上空をグルッと旋回し
防災センターの屋上ヘリポートにランディング!

_DSC5433_20100916221901.jpg


この時、防災センター入り口近辺に居たのですが、
ヘリのダウンウオッシュをモロに受けました。


係員に風を強く受ける可能性がある事を事前に説明を受けました。
航空自衛隊の救難ヘリのダウンウォッシュの勢力を想像してましたが、
予定外の大・大・ダウンウオッシュ。くぅぅたまらない。
帽子は後ろに飛び去りましたので鞄のカラビナに固定しタオルは収納。
これでヨシ!



一旦、防災ヘリのエンジン音が低下しました。
資材でも降ろしてたのかな?


そしてエンジン音が徐々に大きくなり、防災ヘリ浮上。

_DSC5501.jpg
_DSC5493.jpg


いよいよ、吊り上げ訓練展示の開始です。

ホイストに結び付けられヘリから隊員が降下してきます。

_DSC5517.jpg
_DSC5529.jpg
_DSC5533.jpg



_DSC5576.jpg


担架に横たわった状態での救助作業です。

_DSC5578.jpg
_DSC5586.jpg





次は、抱き抱えての救助作業。
_DSC5622.jpg 
制服色から判断すると、救助されている人は新城市消防の隊員?



_DSC5620.jpg救助者をピックアップして、防災センター上空を離脱。

訓練展示飛行を終え、上空を旋回し、防災センター屋上ヘリポートに着陸。

その後エンジンカット。





ヘリポートが一般に開放され、機体をグルッと見学でき、機体後部に乗りこむ事が可能。

DSCF3200B.jpg
機材点検・撤収中? 先程これを利用して吊り上げ救助していたのですね。
体固定バンドの数。これだけあれば固定できるでしょうけど、なんたって宙釣りですからね、多い分には文句なし。





DSCF3205B.jpg 
私がヘリポートに到着した時は、既にヘリ搭乗待ちの行列が・・・・・ながーい列に。出遅れました。

まっ、近くに寄って機体見学でも先にしますか。
DSCF3220.jpg 
やっぱり、俺、この青系色好きです 
DSCF3215.jpg
_DSC5713.jpg
_DSC5646.jpg 
メインローター径 14m あります。

_DSC5637.jpg
_DSC5633.jpg 
青空と青ラインが最高な日でした。


子供とヘリとの記念撮影をしたり、地上展示でしか見れないような部分を観察。

_DSC5648.jpg 
コクピットドアです。鍵穴?あり。



_DSC5676.jpg 
燃料口がガラス越しに見えました。

ホバリング中は、ジェット燃料の独特の香りを堪能させてもらいました。

_DSC5653.jpg救出の必衰アイテム。 “ホイスト” です。

ここに救助隊員を固定して “吊り上げ・吊り下げ” をしてるんです。

こうして近くで見ると、赤・黄 のマーキングがされてます。

実際に、このホイストで何名もの人名が救助されたかと思うと、単なる装置器具では無いですね。
 



DSCF3224.jpg 
定員12名です。


DSCF3221.jpg 
ヘリ搭乗待ちの最後尾に並び、いよいよ搭乗。

いつ見ても、スイッチ一杯です。こういうのを見ると、浜松広報館の展示機にまた乗りに行きたくなっちゃいます!

あっ、お知り合いの手が写ってました(笑)お相手、ありがとうございました。

DSCF3223.jpg



ヘリポートはあたり前ですが、日よけになるものはありません。暑ぅ。。

DSCF3225.jpg


_DSC5765.jpg
11:55に機体展示は終了。
DSCF3234.jpg 

12:00には 帰投 の為に エンジン始動


エンジン始動時には、整備士さんが、機体始動状況を腕を回してチェックしてました(と勝手な判断)

壁が邪魔で全身は見えませんでした。


いよいよ ~ Take Off!


_DSC5812.jpg 





愛知県防災航空隊の皆さんお疲れ様~~~。

“小牧空港へ帰って行きましたー”となる事を想像してましたが、






離陸時から後部ドアオープン状態。


ヘリの乗組員から地上の人たちに“お手振り ”を頂きました。





_DSC5826.jpg

新城防災センターの上空をぐるーっと “一周旋回” 

_DSC5832.jpg


サービス満点!感動!!



愛知県防災航空隊 ありがとう、そして お疲れ様でした。


感謝の気持ちを一杯に、大きく手を振り返させてもらいました!! 

その後、再度防災センター上に南部から進入しローパス。

そのまま小牧空港へ戻って行きました。ちょっとした航空祭状態でした。



ヘリポートで乗組員の方に質問しました。
小牧空港から新城防災センターまで20分弱で飛来したそうです。


_DSC5671.jpg



最近、防災ヘリで事故発生の悲しいニュースを見る事が多々ありました。
訓練あっての現場作業。必要あっての防災機関。
防災ヘリカッコいぃ!と思うだけでなくって、
自分自身に、いつ何が降り注ぐかは予測できませんが、
お世話にならないように気を付ける必要がありますね。





“火事と救急は 119 番”

“逃げてよ!と ピーッと鳴るよ 住警器”

新城消防防災フェスタ 2010

スポンサーサイト

<< レンズ ミッションコンプリート | ホーム | 2010 しんしろ消防防災フェスタ 防災センター編 その2 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。