プロフィール

walters

Author:walters

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

FC2ブックマーク

検索フォーム

リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

飯田線 浦川~中部天竜~向市場 S字橋・渡らずの鉄橋編

数日前に、東上~野田城間でE4編成を目撃

DSC07055.jpg



この運用パターンより、週末の554Mに走行するぞ。

撮影に行く計画をしました。




近隣お友達集団と「紅葉のシーズンにS字橋(*1)を撮影しに行こうね!

と約束していたので、調整しましたが、全員 お仕事という事で、一人で行く事に。

パターンが合わず、無念。






(*1)

S字橋 = 本来の名は“第6水窪川橋梁”といいます。


2010.03

“渡らずの鉄橋”という通称もあります。


2010.03

水窪川を鉄橋で渡るが、対岸に鉄橋が接岸する事無く、

再び川を渡って元の川向こうへ接岸するという非常に珍しい鉄橋です。


対岸へ鉄橋が接岸していない(渡っていない姿より)“渡らずの鉄橋”そして、

鉄橋の形が“S”の字に見えるので、“S字橋”と呼ばれるようになりました。



何故、このような形状の鉄橋が製造されたかというと、

水窪付近は中央構造線等の複数の断層が並ぶ最も地盤が不安定な地区で、
本来は直進する形でトンネルが掘られました。

トンネルは貫通していましたが、

地盤がずれて崩壊が始まり、トンネルを放棄する事になりました。

トンネルが利用出来なくなった為、
急遽そのトンネルを避けるように水窪川上に鉄橋が建造されました。

このトンネルを迂回する事が目的の鉄橋の為、
対岸には鉄橋は接岸していないわけです。






この場所で、E編成単独の上りを撮影したくても、北部は本数少ないんだよね・・・。




554Mは、水窪地区を 16時15分過ぎに通過という事で、 陽の当たりは期待出来ない。

“黄砂”で空色も優れなかったので、ノリノリな気分ではありませんが、出発。






水窪地区へ思ったより早く着きそうなので、

中部天竜駅と留置線“そよ風トレイン”を撮影しようかな?




時刻を確認すると、中部天竜発“そよ風トレイン”発車時間には間に合いそうに無いから、

以前から気になっていた、早瀬~浦川へ撮影に行きました。




DSC07185.jpg
早瀬~浦川

上から見ると、線路は土地に合わせて蛇行してます。



DSC07210.jpg
早瀬駅通過中





そよ風トレイン117 を見送ってから、


DSC07232_20101114204717.jpg
佐久間レールパーク跡地の様子。

まあ、これは相変わらずの風景ですね。

レールパーク跡地内の列車が一両も無いところが、寂しい限りですが



折角の直線なのでレールパーク跡地内で「 レールマウンテンバイク Gattan Go!! 」でもやってくれないですかね。



並行している線路が複数あるので、レースも出来そうです(苦笑)






ふと留置線を見ると!!あれ? 気付きました?

中部天竜 留置線の 505M~548M がM+E編成です。 +

いつもは、E編成だけ  な・の・に。





土曜日・・何の為に増結?さわやかウォーキング開催されてたっけ?






本来の目的地、向市場~城西へ向かいます。

本日は土曜日、、うへぇぇ、ダンプ通行車両多過ぎ。






車をどこに駐車しようと、ウロウロ  していたら、老人が向こうから歩いてきました。



俺 「写真撮影に行きたいのですが」

俺 「車を駐車させて欲しいのですが、この場所に駐車させてもらって良いですか?」



住民に駐車の快諾を頂きました。



車の駐車場所は確保。これで一安心。撮影に集中できます。



俺 「そこで、鉄道写真を撮影していますので、なんかあったら言って下さい」

住民 「家に、息子が撮影した、写真があるから上がって見てくかい?」


ということで、時間に余裕があったので、見させてもらいました。



額に入れられた写真達。



今では撮影できない車種、雪の積もったS字橋を通過する列車。

それらの写真を許可を貰って記録に撮影させてもらいました。



住民 「前までは、この前に  桜並木があったんだが、台風で切ってしまって」と言ってました。

飾られた写真には確かに、S字橋と列車 そして素晴しい桜並木の写真も存在していました。




この方は、絵も描かれて、色鉛筆で描かれているそうで、自画も中々素晴しかった。

とても描き込まれていて、中々良い趣味を持っているなと感心させられました。





静岡県浜松市 天竜区 水窪町 住民の気持ちは、暖かかったです。感謝!!!






お礼の挨拶を交わして、撮影のポイントを探してウロウロと



撮影目的の一本前の列車を後追いで撮影テスト。




一瞬、鉄橋を通過する列車をテレ端で撮影しそうになりました。

よーく考えると、それじゃあ、鉄橋を通過する列車を撮影するのと一緒の風景じゃないか。

ググっと我慢して、広角で。


やっぱり、蛇行した鉄橋を入れないと・という事で。


DSC7278.jpg


この列車が水窪駅でE4編成と入れ違い北部へ。




トンネルから顔出せE4編成 青22号色!、と待ち構える間に、

外の明るさはドンドン暗くなってきて、カメラ設定に難儀。




列車のヘッドライトにピンを持っていかれないようにマニュアルフォーカスまではしましたが、

露出設定が決まらず終いで、列車通過~。




DSC07318.jpg



DSC07330.jpg


対岸の木々は薄っすらと紅葉しているようでしたが、これで紅葉max?





以降 この場所を通過する列車は一時間以上ありません。

撮影機材を撤収して、帰路につきました。




佐久間水力発電所のトンネルを抜けると、既に外は真っ暗 




ここから、一気に山を駆け上りますが、

来る時に撮影した 早瀬~浦川 でバルブ撮影をしたくなりました。

伊那路号が中部天竜を発車する時間でしたので、ちょっと寄り道。

DSC07210.jpg

aDSC07324.jpg

特急伊那路号はヘッドライトが4灯。ちょっと光跡が強すぎたかな。



紅葉はマダマダこれから?が見ごろだと思われる、向市場~浦川 レポでした♪♪




スポンサーサイト

テーマ : 鉄道写真 - ジャンル : 写真

tag : 飯田線 119系 E4

<< しし座流星群 | ホーム | バックアップ媒体としての記憶装置 >>


コメント

S字橋の写真アップされるの待ってましたよ!!

バルブ撮影とても素敵な写真ですね!!

S字橋の紅葉確かにちょっと期待はずれだったかも?

夏行った時はもっと色鮮やかだと期待していただけに

残念です

S字橋で立ち木を入れて撮影するのも面白いですね




トントン さん(Re: 飯田線 浦川~中部天竜~向市場 S字橋・渡らずの鉄橋編)

また、一緒に撮影に行きましょう。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。