プロフィール

walters

Author:walters

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

FC2ブックマーク

検索フォーム

リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

飯田線@与田切川

「与田切川」へ移動しました。

行く前に荒田のカーブでお会いしたお二人には大変お世話になりました。

到着後、撮影ポジションを選定している時に無情にも222Mが目の前を無音で通過。

川の音が大きくて、列車の近付く音や鉄橋通過音が全然聞こえない。




マイナスイオンを浴びながら、気分を切り替えて、ウロウロと

DSC03537A.jpg



そして通過する列車を待つ 



DSC03516_20110306122947.jpg
1501M


足元はガッチガチに凍結している部分がありました。



DSC03559.jpg



でも寒くありません。


日差しも程よく、風も無し!

とっても過ごしやすい場所でした。




DSC03592A.jpg
1503M この列車は中部天竜06:09発なのだ。

ん?中部天竜を出発時点では、E編成のみ2両のはず?列車番号間違えた?と思ったら、

どうやら天竜峡でM1両を後部に増結しているらしい。


《訂正》
おぱさんからこの件について正しい回答を頂きました。
中部天竜 1503M は単コロで天竜峡まで向かい、
天竜峡にてE編成と連結し、M+E編成の3両編成になるそうです。

上記3両の内、一番最後の1両が中部天竜から来た単コロとなります。

ご指摘、ありがとうございます。







スポンサーサイト

テーマ : 鉄道写真 - ジャンル : 写真

tag : 飯田線 119系

<< 心よりお見舞い申し上げます | ホーム | 日立ハードディスク事業売却 >>


コメント

北部」遠征お疲れ様です。
自分は出勤日だったので行くことが出来ませんでした。


1503Mは、中部天竜発が単コロで天竜峡でE編成をくっつけですよ。

青い空に、白い山に、清流・・・

waltersさん、こんにちは。

青空、雪山、清流にかかる緑のガーター橋。
(個人的にガーターもトラスも緑が一番!)
最高の舞台・・と、知っていても行けないのが辛い!
理由は、寒さと朝に弱いから・・・
お泊りでないと絶対にこの時間に現地着は、無理です。

ここに、ステンレス車は、やっぱり似合わないかもしれないなぁ・・・

おぱさん(Re: 北部遠征お疲れ様です)

ご無沙汰しております。
ご指摘ありがとうございます。

単コロで中部天竜を出発し、
天竜峡で待っているE編成に連結了解です。

1503Mは秘境駅エリアでトイレに行きたくなったら
下車するしかないという事ですか、それは大変だ。

今回の北部では、おぱさんの写真を参考に撮影場所を検討したつもりですが、
撮影後、あぅ、立ち位置が全然違うという場面多々でした。


又、南部のどこかでお会いしたら、お相手よろしくお願いします。

DT12Aさん(Re: 青い空に、白い山に、清流・・・)

豊川の橋も東海道用と飯田線名鉄用の鉄橋が再塗装されましたが。
赤色も見て見たいものですが、ミドリ橋。これぞ東海色。


恵那山トンネルを抜けた辺りから、
薄らと明るくなってきましたが、

ちょっぴり閉所恐怖症?
長いトンネルに入ると、
照明灯と閉所感で頭がクラクラきます。


本来は、何かついでに行きたかったのですが、
思い付き強行スケジュールになってしまいました。

(温泉で一泊しながら、桜ついでに・・・なんて夢ですが)

この季節でも、昼頃には線路上には陽炎がもやってました。
もうそういう季節かと、感じました。

列車関係は、北部のこれからの姿を十分味わいました。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。