プロフィール

walters

Author:walters

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

FC2ブックマーク

検索フォーム

リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

光る泥だんご@浜松科学館

DSC00616_20110504211755.jpg


5月の連休、子供の為のお出掛けも、サービスも何もしてあげれないと思ったので、

浜松科学館へ行って来ました。

DSC00624_20110504211745.jpg

常設展示については、子供は無料、大人は有償ですが、とても有難い施設であります。






詳細は下記公式ホームページをご参照ください。

浜松科学館|HOME
http://www.hamamatsu-kagakukan.jp/


DSC05069.jpg

5月5日までですよ~~。





浜松科学館のサイエンスボランティアによる自主事業があるとホームページにて知りました。

内容は「光る泥だんご」を作成するというイベント。



前回、INAXの光るどろだんごへ連れて行ってあげられなかった家族を誘って参加しました。



今回は、粘土の状態からコネコネマルマル作業。

DSC00568_20110504211949.jpg

大きさは、一般的なマウスのボールくらいの大きさです。

意外と真円にするのが難しいし、乾燥させたり、力を加えるとひび割れしてしまう。

DSC00613.jpg

そこのキミ、新聞の広告の上に玉を並べて遊ばないように..

DSC00614.jpg

ころころする事、15分くらい。

もう、限界です。



と、隣のテーブルのスタッフの人の 光るどろだんご を見せてもらったら、、


DSC00615.jpg
 


えっ?まじですか????!! なんですかその艶々感は (絶句)


わたし「何分くらい転がしたら、その艶になりますか?」

スタッフ「15分くらいですけど・・・」



私と、スタッフの転がし方の違いは何よ?

手の平で力を入れずにコロコロしているようである。



と、家まで大事に持ち帰ったまでは、問題ありませんでしたが、私の団子だけ落としてしまい、

表面が絶壁になってしまったのは大声では言えません。

その面を下にすれば、転がりにくいという事で。。




ああ、陶芸をやらなくても、信楽粘土が欲しくなってきたぜ。










スポンサーサイト

<< そよ風に119系飯田線色@長篠合戦のぼりまつり | ホーム | 地球の重力を振り切って >>


コメント

そういえば・・・

waltersさん、こんばんは。

泥団子ですか・・・
う~ん、自分には魅力が判らないけど、ふと気付いた事は・・・
「ここ1年物作りしてないな。」

写真ばっかりで、自分が何か作り出す事を忘れていました。
・・・とは言え、オヤジが一人で出来る物。
予算は正直無いので、何か考え出さないといけないな。

にしても・・・
仮面ライダーが、マンションで寛ぐ姿って、違和感バリバリ(笑)

DT12Aさん(Re: そういえば・・・)

泥団子は私的にも子供の頃に無かった遊びなので、
自身内容については疑問ですが、
子供たちにはウケが良いようです。


誰かに言われましたが、
人間は土を素手で触って生活する程、
健康面でも良い事が多いそうです。
土から何かを手を通じて吸収しているそうです。


生活で必要な自分で作られる、家庭菜園でも始めようかしら、、
とその前にカメラ持ってすっ飛んで行ってしまう事が多いから
野菜なんてとてもとても無理っぽい。

けど、いつかはやりたい。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。