プロフィール

walters

Author:walters

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

FC2ブックマーク

検索フォーム

リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

名古屋市科学館 その2

DSC00261.jpg 

二進数までは判りますが、回路となると話は別。

回路とか組んでみたいんだけどね。

大人の科学マガジンVol.32(電子ブロックmini) (学研ムック 大人の科学マガジンシリーズ)大人の科学マガジンVol.32(電子ブロックmini) (学研ムック 大人の科学マガジンシリーズ)
(2011/11/30)
大人の科学マガジン編集部

商品詳細を見る

↑ 子供の頃、これの本物というか、もっと大きいやつ、欲しかった人いません?私は欲しかった。

本屋でこれ見たとき買いそうになっちゃいました。

いつもの「今回は買わないで、どうしても欲しくなったら」「買おう」という考えで、買いませんでした。

今の所、欲しい欲が発生していないので、「買わなくて正解」だったのかな?

買ったら買ったで楽しめるものもあるので、悩ましいな。



DSC00272.jpg
名古屋市全体の象徴ジオラマ

決まった時間に、係員からジオラマと映像を交えて説明を聞くことができます。


DSC00273.jpg 

電車の中に車載カメラが内蔵されており、車内のカメラで撮影された映像がプロジェクタでスクリーンへ放映されます。


列車は名古屋駅近辺を新幹線が走行。

貨物列車は、その辺りをグルットまわり、工業地区へ向かいます。


DSC00278.jpg
思わず、鉄道博物館に来た感じのあるエリアです。

列車運転シミュレータもありました。

DSC00292.jpg 




DSC00401.jpg 

外には、この2両が展示されてました。

近くへ行き見渡す時間もなし。知識も無しなので、これ以上書けません。


DSC00415.jpg 





おっと、そうだった、やっぱり自動販売機は、どこの子供にも人気ありました。


DSC00334_20120117224603.jpg 


自動販売機の仕組みがわかるコーナー。

DSC00316.jpg 


自動販売機内の動きが見れます。

ジュースがどのように転がって、取り出し口に出てくるのか。

DSC00311_20120117224604.jpg


DSC00310.jpg 

これが、ジュースの補充された状態で、ボタンを押すと転がってくるのだけど、

「スタートボタンを押す」「自動販売機のビデオが放映」「購入ボタンを押す」

~「ジュースが取り出せない取り出し口へ転がってくる」


来る人、来る人、「スタート~映像~購入」を繰り返すものだから、ジュースの在庫がなくなってきた。

無くなったら、担当の人が入れに来るんだろうな。

あっという間に一列の缶見本は在庫切れになってました。





佐久間レールパークにあった自販機へジュースを補充する人を

じっと子供が注視していたら、「入れてみるか?」と自販機投入を体験させてくれました。

もうその自販機はありませんが、その時は暑い時期でしたので、売り切れジュース多数。

閉園前数ヶ月は売り上げ爆上だったことでしょう。





話を、名古屋市科学館へ戻しまして、




夕日が見られる頃に科学館を出てH2Bロケット周辺へ行ってきた。

DSC00229.jpg


DSC00459.jpg 

横まで行くと、さすがにでかいし、継接ぎ部分がリアル。


DSC00431_20120117224627.jpg


DSC00427_20120117224627.jpg 


このロケットが打ち上げられる姿を一度この目で見てみたいものである。


DSC00419_20120117224627.jpg 







スポンサーサイト

<< 昼間のそらをみた | ホーム | 名古屋市科学館 >>


コメント

おお、電子ブロック!

waltersさん、こんばんは。

電子ブロックを買った(買って貰った)者です。
最近実家で発掘されましたが・・さて動くかな?
鉱石ラジオまでは、やりましたが・・

名古屋市電とSL(どこのか判らないですが、確か名鉄の前身のうちの一社のSLだったと・・)も、引き続き保存されているのですねぇ・・
ああ、良かった。

しばらく多忙ですが、暖かくなって時間が出来たら、やっぱり行こう!

補足(蛇足?)

すっかり書き忘れてましたが・・
保存されている市電は、つい最近まで豊橋の市電で、主力だった3100型です。
今は最後の1両、3103号が、赤岩車庫に留置されています。

検査切れのようで運転されている姿は、ここしばらく見かけてないですね。

DT12Aさん(Re: おお、電子ブロック!)

やっぱり電子ブロックは目を輝かせましたよね。雑誌とかの裏表紙とかに広告載ってるの見ると欲しくて欲しくて。

本屋で見たら、「回路組みでショートさせたりしてしまう可能性があるから注意が必要」だと書いてあったので、手が引っ込んだ。


外展示はH2B以外は近くまで行って無いので、詳細不明だったので、ホームページにて確認しました。

「市電1400型ボギー車」
http://www.ncsm.city.nagoya.jp/cgi-bin/visit/exhibition_guide/exhibit.cgi?id=X102
> 名古屋にゆかりの深い市電
> 名古屋市電気局や日本車輛の技師が設計、1936(昭和11)年に製造された

「B6型蒸気機関車」 2412号
http://www.ncsm.city.nagoya.jp/cgi-bin/visit/exhibition_guide/exhibit.cgi?id=X101
> 名古屋にゆかりの深い蒸気機関車

> 1904(明治37)年、ドイツのハノーファー社で製造

> 露戦争の軍事物資を輸送するために輸入

> 昭和になってからは武豊線、高山線を走行


コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。