FC2ブログ

プロフィール

walters

Author:walters

カレンダー

09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

FC2ブックマーク

検索フォーム

リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ランウェイ・バスツアーに参加 // 航空自衛隊 浜松広報館

↓  ↓  航空自衛隊浜松広報館   開館15周年記念イベント


DSC09810.jpg 



週替わりで色々なイベントが開催されていましたが、この時期は色々と行事が多く、残念な思い一杯。

最終回の 「ランウェイ・バスツアー」 に期待を込め搭乗応募。




結果、定員割れをして、当日でもキャンセル待ちで随時乗車できる状態でした。






ツアーの詳細はこちら


DSC09809.jpg 



「バスに乗車して、滑走路を駆け抜ける~~!」っていうイベントです。

「それって何が楽しいん?」そんな事言わないように。



滑走路の幅って、数十メートルあるんです。


私は、この目で見てみたい。



この様な機会が与えられない限り、浜松基地の滑走路上に行く事は出来ないのだ。


飛行機に搭乗してだと、飛行機の大きさと滑走路の対比間隔が変化するから、


今回は滑走路の雰囲気を子ども達にも感じてもらいたくて、 ファミリー参加です。






天気予報は  ですが、空が鉛色。 中央部だけ陽が当たってるし、微妙な天気


DSC09831.jpg 




2台のバスが用意されており、15分間隔で出発です。



DSC09817.jpg 





既に乗車待機中の人達が

手前と奥でバスの便が分けられています。


DSC09813_2014042023054584e.jpg 





バスに乗車するんだから、変では無いが、

格納庫に入ると、目の前にランウェイバスツアー案内看板あり、



DSC09812.jpg 



受付で登録番号が記載された葉書を提出します。

先着では無く、既にバスの座席番号が決められてました。



受付前に、当日の「空席情報」が掲載あり。

「空席があれば」「又は搭乗時間に来ない場合」は、この掲示板の後ろに並んだ人が順番に搭乗できます。


DSC09848.jpg 




私たちが乗車したのは、「コールサイン //  エアパーク01」です。

もう一方のバスは「エアパーク02」です。

DSC09849.jpg




DSC09856 (1)  




運転手も、ガイドさんも自衛隊員でした。


ちょっとした、遠足・団体旅行気分です。


DSC09867_20140420230612097.jpg 





バスが走り出すと、車内スピーカーより録音された「GND」と「TWR」とデモンストレーション無線交信が聞こえてきました。




滑走路と誘導路の間にある、停止線




DSC00062_20140420230513e25.jpg 





いよいよ、滑走路に進入です。






* 現在この撮影場所は立ち入り禁止となりました。2011年頃に撮影

着陸した時にタイヤスモークがボフッ  って出ますが、

その場所にはタイヤの跡がいっぱい!!!




DSC00048.jpg 








E-767 が 1機だけ駐機されてました。



DSC09883.jpg 







先発便のバスが向こうから真正面に見えてましたが、こちらに向かってきてる~、ドキドキ

bus2.jpg 








DSC03121.jpg 


すれ違って、滑走路の反対側までやってまいりました。


滑走路端っこで、5分だけ降車が許されまして。みんなでわいわい撮影タイム。





この企画が発表された時は、バスから降りられることは一切明記が無く、


この一瞬に期待をしていたのですが、期待を裏切らず、サービス満点です。





見て下さい、この滑走路の幅の広さを!!!


DSC09911.jpg 






「 0 9 」 キラーン!





DSC09993_201404202306388c6.jpg 










子供はこの網が気になったらしく、隊員に質問してました。



大漁じゃぁぁ     という使い方では困るのですが、

そりゃあ、気になるっしょ。なんで??滑走路に網あるのかってね。




映画「プレーンズ」にも着艦する際に網網なシーンがあったので、子ども達、思い出したかな?


DSC09975.jpg 




5分間の撮影タイムも終了し、09から誘導路を通過して北側エプロンと管制塔の前を通過して、


戻りは、離陸とは逆の着陸バージョンの無線交信デモ放送を聞きながら滑走路へ戻り、

次便のバスと滑走路上ですれ違い、広報館へ戻ってきました。








あっという間の30分間でした。




DSC00067.jpg



イベント最終回にしか行けなかったけど、初の試みランウェイバスツアー、楽しかったです。

関係者各位の皆さん、ありがとうございました。


スポンサーサイト

<< 中部国際空港 セントレア // customs | ホーム | RMA:メーカー交換保証サービス(ハードディスクのその後) >>


コメント

これは楽しいかも!

Waltersさん、こんばんは。

演出も、凝ってますよねぇ。
途中ですれ違うのも、Good。

やっぱり、その場所で無いとわからない事。感じられない事は多いですねぇ。

DT12Aさん(Re: これは楽しいかも!)

ランウェイバス、楽しめました。

その場に行くと、気分が高まって、あっという間に時間が経過してしまうのが、
残念ですが、それだけ楽しめている証拠だと思います。

このバスツアーあったので、GWは出掛けなくても良いワケにも行かず、
しかし連休も飛び石で、調子狂います。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。